生徒・保護者の声

中学時代の最高点は498点。仙台二高から山形大学医学部現役合格。

 南光台東中出身の菅原瑠聖です。
 僕は小学4年生からペガサスに通っていました。ペガサスは学習に最適な環境が整っているので勉強に集中でき、勉強に対する自主性や学習習慣が身につきます。中学では自分の好きな勉強を好きなだけできるので、ぐんぐん成績が伸びると思います。中2のときの定期考査で5教科で498点をとったのが自分にとっての最高点ですが、その時間違えた穴(あな)かんむりが今でも忘れられません。中学3年間トップをキープできたのはペガサスのお陰です。
 医学部を目指したのは高校3年になってからです。塾長の言葉に「明確な目標を持つと、その実現に向かって行動したくなる。だから達成できるのです!」と言うのがありますが、目標を設定してからは勉強に集中し、現役で医学部に合格できたのは良かったと思っています。

仙台一高から現役で東北大学工学部へ。

 南光台東中出身の稲葉剛です。
 ペガサスの魅力は自分の勉強ができることです。他の塾では出された課題をこなすだけという受け身の勉強になってしまいがちですが、それでは高校に入ってからの伸びがありません。何をやるべきかを自分で決める能動的な姿勢を育むことが出来るペガサスはとても良い環境です。
 また、ペガサス在籍中は「間違いノート」というものを作りました。それは、自分の間違えた問題をノートに書いて、それを見直すことで今後それを間違えることが無くなるというものです。ペガサスでは勉強法においても独創性を育むことができ、自分にとって大きな財産となっています。

高校では常にトップの成績。中央大学へ進学。

 

   僕は小学6年生からペガサスです。中3のみやぎ模試で常にS判定をとっていたことで慢心してしまい、第一志望の高校に不合格になってしまいました。しかし、その反省から東北学院榴ヶ岡高校では常にトップの成績をキープ、 3年間特待生になることができました。
   ペガサスでは一人ひとり「自分の勉強」が出来るのが強みで、学習意欲のある生徒にはもってこいの塾です。やはり勉強は決して慢心することなく、「まだまだ!」と思って自分を厳しく見つめ、努力することが大事だと思います。今、志望する大学に進むことができ、3年前の自分を乗り越えることが出来たのだと実感しています。

英検は2級、前期で泉館山に合格。

 南光台中学出身の生出栞那です。

 私は小学校6年になると、某大手塾からJUKUペガサス仙台南光台教室に移りました。ペガサスでは英語の個人指導をうけたお陰で、5級から2級まですべて一発で合格することができました。また、数学が苦手だったのですが、自分でできるようになるまで何度もトレーニングすることが出来るので、弱点を克服することが出来ました。

 私が志望校に合格できたのは、生徒の要望をたくさん受け入れ、親身になってサポートしてくれた塾長と、必要に応じて親切に指導してくださった、優しい講師の先生方のお陰です。本当に入って良かったと思える最高の塾です。

小学3年からペガサスで勉強。中学時代は常にトップ!

 

  南光台東中出身、ペガサスの申し子こと山中仁斗です。

  ペガサス南光台教室には、生徒が ”能動的” に学ぶための環境が素晴らしく整っています。他人にやらされる勉強や、一方的に教わる勉強よりも、自ら学ぼうとする姿勢を持って臨んだ勉強の方が圧倒的に効果的だと私は思います。学ぶことの楽しさを知れば、成績は一気に伸びていくはずです。そして、もっと楽しくなる。ペガサスならきっとその感覚を経験できます。

  各生徒に個別対応で指導してくれ、自分に必要な勉強を自分の好きなだけ学べるような環境は、他には無いのではないでしょうか。私も中学時代(特に中3)はペガサスで好きなだけ勉強しました。この塾でひたすら受験対策をしていたため、受験当日は自信に満ち溢れていた気がします。そして無事、仙台一高に合格することができました。
  学びの環境だけでなく、優しい講師に愉快な塾長…。ここより良い塾は知りません!PEGASUS最高!

 

偏差値48から1年間で偏差値66の仙台一高に合格。


 南光台東中出身の金井健一郎です。

   生徒のやりたい勉強ができ、生徒に合った指導をしてくれるペガサス南光台教室の勉強法は、他塾とは全く異なる点だと思います。私自身中学時代は、中総体が終わるまでは部活や遊びに没頭し、中3になって初めての模試では偏差値が48でした。しかし、どうしても仙台一高に入りたかったので、部活引退後はひたすら勉強しました。今は教師を志し大学で学びながらペガサスで後輩の指導にあたっています。